毛皮 マイナス 査定 査定される

MENU

毛皮がマイナス査定される点とは?

毛皮を買取をしてもらう以上、誰もが高額で買取してもらいたいと思うものです。特に高額で毛皮を購入した方も多く、その気持ちはなおさらではないでしょうか?毛皮と一口に言っても、同じ素材の同じ長さの毛皮であっても買取額は大きく違ってきます。毛皮の査定額は何で判断されているのでしょうか?より高く買取ってもらうためには、どんなポイントがあるのでしょうか?ここでは毛皮査定のマイナス要因に着目して、ご紹介していきましょう。

 

毛皮をマイナス査定されないためには

当然ですが、毛皮買取してもらう際の金額は、購入の金額より下がります。毛皮の買取をしてもらう際に、少しでも高額で買取ってもらうためにはマイナス査定をされないことが大切です。毛皮の買取時の査定額のマイナスの要因となる点は、まずは毛皮の状態です。汚れやほつれ、虫食い等があるともちろんマイナスポイントとなります。また、忘れがちですが臭いも大きく査定額に反映されます。

 

毛皮を高額で買取ってもらうためには

保存状態の良い毛皮があるのが理想ですが、あまり良くない状態の場合は汚れやホコリ等を落とし、軽くブラシングして整えて、影干しして臭いを取り除いておけば、査定する人の印象も大きく変わります。注意点としては、やりすぎて、かえって毛皮の状態を悪くしてしまわないようにしましょう。購入時の金額は無理でも、少しでもその金額に近づけることが出来るようにしたいものです。